2016年10月27日木曜日

【佐用町】 晴耕雨読と米作りに憧れて

佐用町 晴耕雨読と米作りに憧れて

会社勤めの時から田舎で暮らしたい。そこで自分が作ったお米を食べてみたいという願いと晴耕雨読という静かな生活に憧れておりました。そして、自分自身を消費者サイドではなく、生産者サイドにおきたい気持ちがあり退職後は自然農の勉強のために赤目にある川口先生の「赤目自然農塾」に通い準備してきました。
移住先については、和歌山、奈良、そして沖縄まで対象にした空き家探しをしましたが、月刊誌「田舎暮らしの本」から佐用町に参りました。一目見た瞬間〝これだ″と直感し、劇的な出会いとなりました。移住後は地域との交流を不安視される方がありますが、私は覚悟の上で移住を決めたので無理に溶け込む努力はしておりません。覚悟と年相応の鷹揚さと強靭さを持っており不安は皆無でした。
芦屋時代は、5年で10名ほどの知人しかできなかったが、佐用町に来て100名以上、カレー屋を開業した今は200名以上にもなりその人の価値観次第で、面倒、うるさいと感じる人もいるかも知れませんが、人それぞれの考え方、生き方の問題だと思い、私たちは「金持ち」より「人持ち」が財産だと考えて「田舎暮らし」を満喫しております。この静かな環境、満点の星空、四季折々の素敵で豊かな移ろい、食事の半分以上が自分で作り整う環境、これだけでも価値観は無限大です。カレー屋を始めてから4年目に入りますが、今後は修理中の古民家の魅力を活かして各種ミーティング、懇親会、教室の場にご利用いただいたり、将来は民泊などへの利用も検討しております。また、「ドッグラン」も完成させて一層魅力あるカレー屋「道満」にしたいと考えております。
今は毎日が多忙で会社時代と違って時間が足りませんが、苦痛ではなく、むしろ楽しく幸せな日々を送っております。私の移住経験から移住を検討されている方には一日でも早く決断されることをお奨めします。体力のあるうちに、ゆとりを持って「田舎暮らし」を楽しまれた方がベストであると思うからです。一番大切なことはパートナーの理解と協力は欠かせない必須条件であることを最後に付け加えてメッセージとし、是非、「西播磨暮らし」を満喫してください。

【宍粟市】西播磨の豊かな食材を使ったジビエ食堂を!!

宍粟市 西播磨の豊かな食材を使ったジビエ食堂を!!

従来から、夫婦二人の趣味であった「狩猟」をするために、明石から1時間半程度の時間をかけて、猟期中の週末ごとに猟場である山崎町に来ていました。
鹿や猪による農林業被害が大きくなり、宍粟市でも有害鳥獣駆除が行われることとなった際に、私たちも駆除要員としていただき、ほぼ通年で週末毎に山崎町に来ることとなり、「山崎町に住もう!」と移住を決意しました。
移住を決めたからには、家庭栽培レベルのものでも自分で育てた野菜を食べたいと有機農業教室で野菜作りを学んだり、山崎町に住むからには毎日山に入る生活をしたいと自分達で獲った鹿を加工する等、趣味を仕事とするためにはどうすれば良いかと考え、準備も進めていました。
私たちが思っていた場所よりも少し都会すぎるくらいの現在の家が見つかるまで約3年かかりましたが、子供が小学校に上がるタイミングの移住となり、良かったと思っています。現在は鹿肉加工施設を敷地内に建設し、畑では野菜を栽培し、猟犬も飼って、少しずつですが自分たちのやりたいことを形にしていく喜びを感じ、近隣の方々にも助けていただきながら、楽しく毎日を過ごしています。

2016年10月25日火曜日

【たつの市】抜群の子育て環境に大満足

たつの市 抜群の子育て環境に大満足

「子育ても仕事もノビノビ楽しんでいます」
平成28年3月に、一家で東京から移住してきました。私は英国出身、妻は大阪出身で、共に東京で忙しく働いていました。家族間で「定年後は田舎でのんびり暮らしたい!!」を合言葉に生活していましたが、子供が生まれてからは東京での生活が息苦しくて、移住計画を何十年か前倒ししました。家の周囲には溢れんばかりの大自然があり、子供たちをノビノビと育てたいと思っていた私たちには、大満足の環境です。周囲の方々もびっくりするほどいい人ばかりで、私たちの移住を大歓迎してくれました。子供たちも周囲の環境にすっかりと馴染んでいますし、移住して本当に良かったと思います。今後はこれまでのキャリアを生かした国際マーケティング分野でのコンサルティング会社を経営しつつ、イクメン業にも力を注ぎ、田舎暮らしを満喫したいと思います。