2019年7月10日水曜日

【宍粟市】セカンドライフで農業とカフェの「夢」を実現

宍粟市 セカンドライフで農業とカフェの「夢」を実現

 サラリーマン生活を送っておりましたが、10年前から農業をやってみたいとの「夢」を持つようになりました。妻は、幸い調理師の資格を持っており、施設の仕事で活かしておりましたのでカフェを開きたい「夢」を抱いておりました。私たち二人の「夢」「を形にするために東は長野県から西は島根県まで「空き家」を探しました。結果、農業ができ、カフェもできるぴったりのイメージ物件に出会うことができました。
 農業は全くの素人でしたが、無農薬栽培を学ぶ師匠とも出会い、そして1年間の修行のあと、年間約60種類の野菜を栽培することでインターネット販売もできるようになりました。宍粟市千種町は、水質が良く、空気もきれいで寒暖差もあり野菜作りには適した地域でもあります。今後は、野菜作りだけでなく米作りにもチャレンジしたいと考えています

 カフェは、120年の古民家を出来るだけ活かしてDIYでセルフリノベートし、平成30年5月に〝自然菜園&カフェ「遊楽里」″をオープンしました。妻が作る一汁五菜の週替わりランチや手作りスイーツが人気でたくさんのお客様から喜んでいただいており、セカンドライフの生きがいに感謝しています。
 移住を検討するにあたっては、誰しも知らない土地に移り住むことに不安もあり、勇気がいると思いますが、基本は明るく笑顔で接することで必ず笑顔が返ってきます。セカンドライフの送り方をしっかりと、ぶれずに持つことが何よりも大切です。是非、「西播磨暮らし」を楽しんでください。

中島 秀志さん
      早苗さん

0 件のコメント:

コメントを投稿